朝顔(アサガオ)は短日植物なのに夏至前から咲くのはなぜか?……こんどう(管理人)さんの日記

MENU
スポンサードリンク

「朝顔(アサガオ)は短日植物なのに夏至前から咲くのはなぜか?」

2017年07月09日
日記の著者DATA

こんどう(管理人)

メールが来ました。
「短日花ですから、自然に育てれば夏至を過ぎなければ、花は咲かないはずですが、東京の学区二区別々に子供が朝顔を持って帰りましたが、それぞれすでに咲いています、7月10日前です。私が育てている朝顔は、この時期では、昔からまだつぼみすら定かでありません。学校の朝顔は、品種改良されているんでしょうか?」

朝顔は短日植物とされています。短日植物ってのは「日が短くなると開花する」ってもので、朝顔の場合は、夏至で昼の時間が最大になった後に日が短くなると開花するって性質になります。しかし、この短日植物ってのは「傾向」であって、絶対ではないです。いやいや、アサガオではない別の植物の場合…例えばポインセチアなんかは、かなり厳しい短日の条件があって短日にならないと開花しません。ただ、アサガオの場合は品種にもよりますが傾向です。全然気にしないで5月6月から開花する品種もあれば、開花が遅い品種もあります。
ただ、この方のアサガオは「西洋朝顔・オーシャンブルー」の可能性もあるんじゃないかなーと個人的には思います。
http://sodatekata.net/flowers/page/511.html
スポンサードリンク

コメント

他の日記

>>>>このユーザーの日記一覧
スポンサードリンク