母の日のおすすめフラワーギフト(花鉢編……こんどう(管理人)さんの日記

MENU
スポンサードリンク

「母の日のおすすめフラワーギフト(花鉢編」

2011年04月10日
日記の著者DATA

こんどう(管理人)

2011年の母の日は5月8日。

1日が日曜日、月曜日は平日で、2日の火曜日から5日の木曜日までが連休。6日の金曜、7日の土曜日の平日の後に8日の母の日が来ます。人によっては4月の29日の金曜日から5月8日の日曜日の母の日まで10日間の大型連休という人も多いかと思います。

ゴールデンウィークと母の日が近いと、連休中に帰省して「母孝行」して、それで母の日はお終い……という人が増えるので売り上げが下がります。フラワーギフト業界にとっては困るのですよね。

だからこそ、余計に母の日に贈る消費者のために「失敗しないギフト選び」は重要だと思います。1回嫌な思いをすると「花はもう贈らない!」ってなっちゃいますからね。

今回は花鉢編です。


●カーネーションの花鉢は避ける
切花のカーネーションはともかく、花鉢のカーネーションに関して言えば、母の日は避けるべきです。母の日に合わせて作るので無理やりに育てている農家が多く、通常時より粗悪品が多く出回ります。もちろん優良品もありますが、当たりハズレがあり、管理次第ではつぼみが全て立ち枯れるということも。


●アジサイ・クレマチス(テッセン)の宅配は…
アジサイやクレマチスをお店で購入して持って行く分には問題はありませんが、宅配する場合には失敗が多くなります。
アジサイやクレマチスは地上部の花に比べて鉢が小さくなっています。そのために水切れが多く、宅配輸送している間に水が切れて、シオシオになってしまうことがあります。「宅配する前に水をやれば大丈夫でしょ?」と思うかもしれませんが、温暖化の影響で母の日でも夏のような暑気の年も多くなっています。また、大量に仕事があるにも関わらず人手が少ない場合、最初に箱詰めしたものは必然、水切れしやすいわけです。
これはネットショップに特に多いので、ネットショップで注文する場合は前年の評価などをよくチェックして注文してください。


●宅配でお届けする場合に無難な花鉢
結論からいうと「コチョウラン」や「デンファレ」などのラン類になります。これだと暑さにも強く、他の花鉢ほど水切れを心配することもありません。問題があるとすれば若干高価だ、くらいものでしょうか。
それでも、最近はかなり安い価格帯のものも増えています。特に最近はこの価格帯のコチョウランが例年より多く作られていますので、お求めやすいかと思います。


●お店で購入して自分の手で持っていく場合
非常に華やかなリーガースベゴニア(エラチオールベゴニアとかリーガルベゴニアと呼ばれることも)や、アジサイ、クレマチス、観葉植物、アイビーやヘデラの寄せ鉢といったものも人気です。ただし去年贈ったものとは違うものを皆さん贈りますね。
近年おすすめなのが「アマリリス」です。
アマリリスは長く花が咲き、とても華やか。管理も簡単。来年も咲かせることはそれほど難しくありません。茎が長いために宅配で送りづらいですので、持参するのであれば逆に喜んでもらえると思います。
スポンサードリンク

コメント

他の日記

>>>>このユーザーの日記一覧
スポンサードリンク