水切れしやすい花鉢は日当たり管理に分類されていても半日陰へ……こんどう(管理人)さんの日記

MENU
スポンサードリンク

「水切れしやすい花鉢は日当たり管理に分類されていても半日陰へ」

2011年07月16日
日記の著者DATA

こんどう(管理人)

暑い!!
暑い!!!
暑いと言ったからといって涼しくなるわけじゃないけども、暑いものは暑いのですよ。五月6月とすごしやすかった分だけ、仕返しとばかりに過ごしにくいったらありゃしませんわ。

お店の前を通る人もまばら。
強い日差しとコンクリートの照り返しで目がチカチカします。これでクーラーかけずに居たら死にますよ。節電がどうとか言っているうちに、干からびてしまう。
これで東電の役員が涼しい部屋でヘラヘラしてたら、ぶん殴ってやります。

そんなことより、植物の話を。

うちの店には入りきらない苗や鉢は近くの駐車場に投げています。そこでは一日中サンサンと日が降り注ぎ・・というか、植物にとっては非常に厳しい環境です。毎日朝と夕方の二回、水をやるのですが、それでもしなびている植物がいます。アブチロンとハイビスカスです。本来はどちらも乾燥にはある程度強いのですが、鉢が株に対して小さいのでしょうね。すぐに水が下がってしまいます。
こうなるといくら日光に強い植物でも水切れで枯れるかもしれませんので、半日陰へと移動。すでに半日陰も定員オーバー気味なのですが、一個8000円のハイビスカスを枯らすわけにはいかぬ。

というわけで皆さんも日当たりであまりに水切れするようであれば、日当たりを好む植物も半日陰へと移動させましょう。
スポンサードリンク

コメント

他の日記

>>>>このユーザーの日記一覧
スポンサードリンク