オステオスペルマムの切り戻しのタイミングについて……こんどう(管理人)さんの日記

MENU
スポンサードリンク

「オステオスペルマムの切り戻しのタイミングについて」

2017年12月07日
日記の著者DATA

こんどう(管理人)

さて早速ですが、今度はオステオスペルマムについてご相談させていただきます。
貴重なお時間を頂きますが、よろしくお願いいたします。
秋にまた咲いたら切り戻しするつもりでしたが、今にも咲きそうな蕾があってかわいそうでなかなか切る勇気がなく、でもなかなか咲かず、、、の繰り返しでとうとう秋口の切り戻しタイミングを逃してしまい12月が来てしまいました。まだ蕾はいっぱいのまま株は30?四方くらいで葉も問題なく茂り、茎の下方に葉芽が少なからずある状態です。12月に入ろうとしている今さらの時期に、半分の丈まで切り戻しを行うようなことは避けるべきでしょうか?。
ちなみに逗子の冬は霜が降りるか降りないかが五分五分で微妙な地域でございます。
【秋口の切り戻しをせねばと思っている理由】
去年秋口の切り戻しをしなかったため翌春徒長し、花後の梅雨前の切り戻しをすべき時に、切るべき低い位置に葉がまったくなかったため上の方しか切れずに徒長を解消できなかった苦い経験をしましたため、梅雨のみならず秋の花後にも切り戻しが必要かもと思うに至りました。

オステオスペルマムhttps://sodatekata.net/flowers/page/205.html 

オステオスペルマムは夏越しが難しいとされていて、夏の蒸れを予防するために切り戻しを梅雨前や夏前にするといいよって話で、切り戻しはいつやってもいいんです。今、切り戻してもいいです。問題ないです。

蕾があると可哀想に思うかもしれませんが、気が付いた時にやった方がいいですよ。ちゃんと育てていれば、また蕾は出てきますから。
スポンサードリンク

コメント

他の日記

>>>>このユーザーの日記一覧
スポンサードリンク